最短で30万円借りたい方へ【今すぐに30万円借りる.com】

最短で30万円借りたい方へ【今すぐに30万円借りる.com】

今すぐ30万円借りる

今すぐに30万円借りる時に役立つのが、当日申込でも即日融資可能なカードローンです。

急いで30万円借りたい時の対処法は、申し込みをいち早くする!ということに尽きます。

審査は申込み受付順に行われる為、申し込みが夜になってしまった場合でも、先に申し込みをしておけば、翌日に審査が早く進むので、 現金引き出しまでの時間が短縮されます。

プロミス・アコムなら審査回答最短30分、最短1時間融資と土日の即日借入も可能です

【簡単】急いで30万円借りる流れ

どうしても30万必要なときは「プロミス」が便利!

安心大手/銀行系グループ

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】

WEB申込で最短1時間融資可能

はじめてなら30日間無利息※1

土日祝日も借入可能※2

カードレス/郵送物なし設定でバレない

安心大手SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


\!お急ぎの方は断然コレ!/

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります



アコム

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります
融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】

14時までの書類提出で即日振込も可能

初めてなら最大30日間金利0円

スマホアプリで書類送付も簡単

三菱UFJファイナンシャルグループ

※通信状況により表示に時間が掛かる場合があります




今すぐ30万円借りる時には保証人・担保不要で最短1時間融資も可能なカードローンが便利です。即日融資・低金利と選択肢が多いのが特徴です!

>> お金の借り方を更に詳しく見る...

カードローンの特徴とは

カンタン3STEPでカードローン契約をすれば、コンビニから24時間365日いつでも気軽にお金を借りれます!
・保証人不要、担保不要でお金を借りれる
・即日融資、低金利と目的によって業者が選べる
・借入限度額の範囲内で何度でもお金借りれる
・借りたお金の使い道が自由
・コンビニATMなど借入や返済が楽
・審査時の必要書類が少ない
・申込から借入までの手続きが簡単

急にどうしても30万必要になったときには、とにかく安全ですぐにお金を借りれる所を見つけなければいけませんが、突然「30万貸して下さい」と言っても家族・友人・恋人から借りるには少々大きめな金額です。 そんなときに頼りになるのが、スマホやパソコンからインターネットで24時間365日申し込み可能なカードローンです。カンタン3STEPでコンビニから24時間365日いつでも気軽にお金を借りれます!

カードローンの種類と特徴

消費者金融カードローン
一般的に金利が高いと思われている消費者金融ですが、即日融資で今すぐにお金を借りることができるため、金利の差の影響を受けにくい少額借入や短期借入での利用が有利ですが、大口借入や長期借入には向いていません。 また、プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融なら、初めての利用で30日間無利息など無金利期間のサービスもあるので、金利0円でお金を借りたい方にとってはおトクに利用できる業者です。
プロミス、アコム、SMBCモビットなどの銀行系の大手消費者金融は安心感もあるうえで即日融資も可能なので、今すぐに30万円借りたい方にオススメです。
銀行系消費者金融とは
銀行のグループ会社や銀行の子会社・関連企業など、安心大手の消費者金融です。プロミス、アコム、SMBCモビットといったようにテレビCMなどでも有名で知名度もあり、それでいて審査回答最短30分や最短1時間融資など即日借入が可能です。

>> 消費者金融について詳細はコチラ


銀行カードローン
給料振込や預金などでおなじみの銀行は身近な存在ということもあり安心感があります。銀行カードローンの一番の特徴は低金利なので、長期借入や大口借入の場合は、ぜひとも銀行カードローンを利用したいところです。 ただし、融資額の増加により審査がより厳しくなり、また審査自体にも時間がかかるため即日融資には不向きです。 初めてお金を借りる方や、他社借入件数がない方など、審査に自信がある方は挑戦してみましょう!

>> 銀行カードローンについて詳細はコチラ


信用金庫カードローン
地域性の高い信金のカードローンは、利用者を限定したり、借入限度額が少額だったりといった特徴があります。 お住まいの地域に使い勝手の良い信用金庫があれば、検討してみるのもよいかもしれませんが、サービ面や条件面からいくと、利用者の多い大手消費者金融カードローンや、銀行カードローンのほうが有利な印象です。

即日30万円借りる

カードローンで今すぐに30万円借りるなら、ダントツで大手消費者金融が有利です! スマホやパソコンからインターネットで24時間465日いつでも申し込めるのはもちろん、銀行の営業時間外の平日は夕方や夜間だけでなく、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも審査を行っていて、今すぐに30万借りたい方に最適です。

今すぐに30万円借りる方法

今日30万円が必要になった場合に、すぐ現金を引き出すには、事前にキャッシング機能が付いているカードローンに申込んでおくと、イザ!今すぐにお金が必要になった時に、お近くのATMなどでお金を引き出すことが可能です。 けれど、なかなかそんな準備はできませんよね・・・。
事前に申込んでいないけれど、今すぐに30万円借りたい!と思った時にどうすればよいのか、分からない方も多いかと思います。 そんな時に重要になるのが、融資スピードです。

最短1時間融資可能

プロミス、アコム、SBMCモビット、アイフルなどの大手消費者金融なら、申し込みから最短1時間融資も可能です。 土日の審査でも審査回答最短30分なので、すぐに借り入れ可能かの判断もつきますし、自動契約機で契約をすればその場でローンカードが即日発行されるので、備え付けのATMですぐにお金を引き出すことができます。 また、スマートフォンやパソコンからインターネットで申し込み、インターネットで書類をアップロードして契約手続きを済ませて、振込キャッシングを利用すれば、WEB完結で30万借りれます。

今日中に30万円必要になったら【ポイント】

今すぐに30万円借りる際に重要なのは、即日融資を受けることができるかどうかです。 時間的に余裕があれば、銀行などから低金利でお金を借りる方法も良いのですが、今日中に30万円借りたい場合や今すぐに三十万円必要など、時間的な制約を受けている場合には、なによりも優先させたいのが、即日キャッシングできるかどうかです。 こちらでは、大手消費者金融で即日融資を受ける際のメリット、デメリットなど、より具体的に「今すぐに30万借りる」際の情報をお伝えします。

プロミスで即日融資!厳選の1社

説明はあと!とにかく今すぐに30万円借りたい!!という方へ、厳選の1社をご紹介します。

プロミス最大のメリット無利息サービス

プロミスではじめてお金を借りる方はもちろん、リピートで何度でも無利息キャッシングをしたい方は、プロミスの無利息サービスがオススメです。

プロミスで初めての借り入れ!30日間無利息
プロミスで初めてお金を借りる方は30日間金利0円!30日以内の借り入れなら無金利のため無利息でお金を借りれるので、銀行カードローンでお金借りるよりも実質「低金利(無金利)」となります。

プロミス30日間無利息の条件
・プロミスをはじめて利用するお客さま
・メールアドレスをご登録したお客様
・Web明細を利用するお客さま(書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にしている方)

無利息期間
初回出金の翌日から30日間

プロミスだけのメリット!他社の無利息サービスとの違い

他社(アコムやアイフル)でも初めての利用で30日間無利息キャンペーンを行っている初回限定の無利息サービスはありますが、プロミスとの違いは、無利息になる日数です。

アコムやアイフルは「契約翌日から30日間無利息=最大30日間無利息」という条件なので、契約日から25日後に初回借入をした場合は、実際に無利息期間となる対象日数は5日間のみとなってしまいます。

プロミスの30日間無利息サービスは、「初回出金の翌日から30日間無利息」なので、契約日の翌日に借り入れした場合でも、契約日の25日後に初めて借入した場合でも、どちらもしっかり30日間無金利キャッシングでお金を借りることができるので、他社と比べてもオトクに借入できるのが最大のメリットです!

プロミスポイントで無利息キャッシング
プロミスでは、通常のサービス利用でどんどんプロミスポイントが貯まります!

プロミスポイントサービス申込で100ポイント、プロミスインターネット会員サービスログインで10ポイント、ご返済日お知らせメールの受け取りで1ポイントなど、プロミスの通常利用でプロミスポイントが貯まり、無利息期間サービスンやATM利用手数料無料など、オトクにプロミスサービスを利用できます。

プロミス無利息キャッシング必要ポイント数
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

無利息の適用開始
以下のお取引きを行った翌日から、お申込みいただいた無利息期間が適用されます。

・お利息以上のご返済時
・ご完済時は再度のご出金時

>> プロミスから30万円借りる」 詳細はコチラ


カードローンで今日中にお金を借りる流れ

(1)カードローン審査申し込み
(2)審査&審査回答受け取り
(3)カードローン契約手続き
(4)カードローンでお金を借りる

カードローン審査申込方法

スマホ、ケータイ、パソコンから来店不要のWeb申込
フリーダイヤルで電話申込み
自動契約機、無人契約機、ローン申込機から申し込み
店頭窓口や店舗窓口での来店申込
郵送申し込み

審査申し込みはWEBが便利

スマートフォン、パソコン、ケータイなどからインターネットで24時間365日いつでもカードローン申し込みが可能です。 平日はもちろん、土日や祝祭日などの休日でも誰にも会わずに気軽に申込みができ、場所や時間を選ばないので、とても便利な申込方法です。 また、インターネットで申し込んで、電話やメールで審査結果を受け取れば、結果が出るまでの待ち時間も自宅にいながら受け取れるので、万が一、審査に落ちた場合でも無駄足になりません。 審査結果受け取り後は、そのままインターネットでカードローン契約手続きを済ませるか、自動契約機・ローン申込機・無人契約機などで契約をしてローンカードを即日発行すれば、契約完了です。

必要書類

カードローンの必須書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類で、借入金額が一定条件を超えると収入証明書などの追加書類の提出が必要になります。

本人確認書類

運転免許証
パスポート
個人番号カード
在留カード
特別永住者証明書
そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
健康保険証+補足証明書1点

本人確認書類の補足資料
住民票
納税証明書
電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ
※顔写真つきの証明書を所持していない場合や、証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、発行日から6ヶ月以内の補足書類(「お客様氏名」および「現在の住所」の両方が記載されているもの)の提出が必要です

収入証明書類
年金証書
支払調書
納税通知書
確定申告書
収支内訳書
所得証明書
年金通知書
青色申告決算書
直近2ヶ月分の給与明細書
住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)

消費者金融の収入証明書類提出条件とは
銀行カードローンでも借入希望金額によって各行異なる収入証明書の提出条件がありますが、消費者金融では総量規制の関係もあり収入証明書の提出について一律条件が定められています。

収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入れ額が50万円を超える場合
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

総量規制とは
消費者金融の利用に際しては、借りすぎを予防するといった面で消費者の安全を守るために貸金業法でしっかりと規制されており、貸金業法改正により個人の方の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限されています。 消費者金融は総量規制の対象であるため、上記の借入金額条件によって収入証明書の提出が必須となります。

30万円借入方法

店舗窓口や店頭窓口で借り入れ
店舗ATMでお金を借りる
提携ATM(提携銀行ATM、提携コンビニATMなど)からお金を引き出す
指定の銀行口座へ振込キャッシングで借入
※提携ATMの利用料金としてatm手数料がかかる場合や、指定のATMでは利用手数料無料になる場合があります。
※振込キャッシングの振込手数料が無料か有料かは、業者によって異なります

30万円返済方法

指定口座への振込返済(インターネット返済)
指定口座からの引き落とし返済
店頭窓口、店舗窓口での返済
ATMや提携ATMなどでの返済

会員サイトや公式アプリで借入残高確認する

カードローンの返済が遅れると、遅延利息や遅延損害金(遅延損害金年率20.00%など)が発生するので注意が必要です。 こまめに借入残高や返済日を確認することで現在の借り入れ状況を把握できるので、返済忘れを無くしたり、借りすぎ防止といった意味でも有効です。 また、うっかり返済日を忘れてしまわないように、会員サービスや公式アプリで「返済日お知らせメールの配信設定」をすることで、返済漏れや返済忘れも防げます。

カードローンは一部返済や全額返済も可能

カードローンは、指定の返済日に関わらず、借入金額の一部返済や全額返済が可能です。 借りている金額に対して日割りで利息がかかってしまうので、余裕ができた場合には、返済日を待たずに返済していくことで無駄な利息の支払いを防ぐことができます。 全額または一部返済する際の返済額は、利息の計算などの関係もあり返済日によって変わってきますので、返済前にフリーコールで確認すると確実です。

消費者金融カードローンについて

消費者金融メリット・デメリット

消費者金融からお金を借りる際には、メリットとデメリットがあります。
少額キャッシング&短期キャッシングであれば、多少の金利の差はあまり影響がないので低金利よりも即日融資の“メリット”を選択できますが、 高額借入や長期借入の場合には、金額が多いあるいは長期である分、金利の差が利息として大きな不安や負担となってしまうので、高額カードローンり入れ&長期借り入れの際には、消費者金融でお金を借りるのは適さないかと思います。
ご自身の借入計画、返済計画などと照らし合わせて、無理のない借り入れを行いましょう。

消費者金融からお金を借りるメリット

キャッシング即日したい方に向いている
銀行などのキャッシングと比べると審査が甘いためお金を借りやすい
即日融資可能なので契約申し込み当日での借り入れも可能
基本的に無担保&無保証

消費者金融からお金借りるデメリット

銀行などと比べると金利が高い
総量規制の対象なので審査結果以前の問題として借り入れできる金額に上限がある

総量規制とは
総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されるもので、身近なところでは、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠などはこの総量規制の対象となります。 (事業用資金として、個人が借入をする場合には、原則として総量規制の対象にはなりません) こちらの総量規制の対象となる消費者金融などでは、新規契約の際に50万円を超える借入限度額もしくは他の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える際には、本人確認書類と同時に収入証明書の提出を求められます。 たとえば、審査に通る通らないは別の話として、30万円借入したい場合には90万円の収入が必要ということになります。

カードローン審査に通るコツ

・借入希望額を少なめにする
・他社借入件数を少なめにする
・申込段階での申告内容は正しいものを入力する
基本的な問題として、審査に通るために収入を大きく見せたり、他社借入件数を少なめに申告するなどしても、そういった嘘は一発でバレて、却って心証を悪くしてしまいます。 また、自分自身の返済能力を大きく上回るような借入金額を希望しても、簡単には審査に通りませんので、まずは必要な金額だけを借入希望額として、実際に審査に通りカード利用を開始して借り入れ実績を積み上げてから、利用可能金額を増額してもらうなど、段階を踏むことが重要です。 まずは地道に確実な線を狙って申し込みをしてみましょう。 なお、借入審査基準は業者ごとに異なりますが、金融事故を起こして信用情報機関のブラックリストに載っている(金融事故情報が登録されている)状態だと、申し込んでも審査に通ることは難しいといえます。

大手消費者金融のご紹介

大手消費者金融といってすぐに名前があがるのが、テレビCMや雑誌広告、インターネット広告などでおなじみのこちらの3社。大手消費者金融として利用者が多い最もたる理由は、融資速度の早さです。

いずれも、≪契約申し込み→審査→審査結果回答≫までの流れがスムーズで、“審査回答最短30分”と即時対応していますし最短1時間融資も可能です。
また、初めての利用で最大30日間金利0円の無利息期間があるなど利息もお得です! 「今日中にお金借りたい!」「今すぐお金借りたい!」という方にとっては非常に心強いキャッシング業者なので、「すぐにお金を借りたい!」「即日融資で三十万借りる方法が良い」という方は、こちらの3社をご検討いただくと良いかと思います。

SMBCコンシューマーファイナンスの【プロミス】

プロミスで初めてお金を借りる方は、メアド登録とWeb明細登録で30日間無利息キャンペーンが受けられるなど、お得なサービスが充実しているプロミス。
生年月日・年収・現在のお借入れ金額とたった3項目の入力で契約申し込み前に借入可能かどうかを診断できる“お借入シミュレーション”、女性専用ダイヤルの“レディースコール”もあり、初心者や女性に優しいキャッシングが魅力的です。

・30日間無利息キャンペーンあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・プロミス×三井住友VISAプリペイドカードが利用できる
・プロミスカード会員限定優待サービスが充実「おとくらぶ」
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースコール)
・公式スマホアプリが充実
>> プロミスから30万円借りる」 詳細はコチラ

三菱UFJフィナンシャルグループの【アコム】

年齢・年収(総支給額)・カードローン他社お借入状況の入力だけで、契約申し込み前に借入可能かどうかをすぐに診断できる“3秒診断”、初めてお金を借りる方でも簡単に手続きができるよう動画などで詳しい説明が見られる“アコムナビ”、スマートフォン用アプリなど、インターネットでの契約手続きやサービスに力を入れているアコム。
ちなみに、アコムで30万借りた際の最低返済額は、借入利率18.00%で返済期間が5年以内・返済回数51回払いで月々9,000円と少額となりますが、返済期間や返済回数が多くなることもあり、返済総額は結果として高額となってしまうので、余裕ができた際にはどんどん返済していきましょう!

・30日間金利0円サービスキャンペーンあり
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・楽天銀行に口座があれば24時間最短1分振込が利用できる
・振込キャッシングの手数料が無料
・はじめて借入するお客さまは振込実施時間を延長
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(女性専用ダイヤル)
・アコムのクレジットカードがある
・公式スマホアプリが充実
>> 「アコムから30万円借りる」 詳細はコチラ

東証一部上場の【アイフル】

初回最大30日間利息0円サービスキャンペーンもありオトクに借入でき、申込前に融資可能かどうかの確認ができる1秒診断があるので、気軽にチェックできるアイフル。
カード発行不要でカードレスキャッシングが可能なので、ローンカードを持ち歩くわずらわしさもなく便利です。よくある質問だけではなく、独自サービスの会話ロボットに直接疑問点を質問できるので、即時に問題解決できます。

・最大30日間利息0円サービスキャンペーンあります
・審査回答最短30分&最短1時間融資
・融資可能かどうかの1秒診断がある
・カード発行不要でカードレスキャッシングが可能
・疑問点は会話ロボットの「ルフィア」に気軽に質問できる
・レディースキャッシングなど女性向けサービスが充実(レディースアイフル「SuLaLi」)
・公式スマホアプリが充実
・ローンカードのデザインがオシャレで綺麗
>> 「アイフルから30万円借りる」 詳細はコチラ


消費者金融 まとめ

今すぐ30万円借りたい!今日中にどうしても20万借りたい!といったような場合でもすぐにお金を借りる方法として消費者金融は非常に有効な手段です。 特に、初めてお金を借りる方は無利息期間があったり、即日融資が可能だったり、スマホアプリや会員サービスが充実していたりと、銀行カードローンにはない特典も盛りだくさんです。 借入金額が高額となる場合や長期借入の場合は金利の影響を大きく受けますが、少額キャッシングや短期借入の場合には利息の負担も少ないためお金も借りやすくなります。 また、銀行カードローン審査に自信がない方でも申し込みやすいカードローンですが、大手消費者金融だと審査に落ちるかもしれない…という方は、アイアム、キャネット、ライフ サポート ピースなどの地方の中小消費者金融を口コミで調べながら利用してみるの良いかもしれません。

銀行カードローンについて

消費者金融と比べて審査が厳しく、即日融資には適していない銀行カードローンですが、銀行カードローンが選ばれる最大の魅力は低利子融資が可能という点と、銀行ならではの安心感にあります。 銀行から30万借りる、あるいは銀行で20万借りるなど、借入希望金額が少しまとまった額の場合や、少しでも低金利でお金を借りたいなら、銀行カードローンに挑戦するのも良いでしょう。
なお、銀行では、その銀行の銀行口座を持っていないと利用できないものもありますので、お申し込み前に確認してみましょう。
担保が不要な銀行カードローンとは異なり、郵便局でお金を借りる場合にはご自身の預金が担保代わりとなるお金を借りる方法もあります。
30万ローンを組んだ際には、月々の返済額はさほど多くはありませんが、借入期間(返済までの期間)が長くなればなるほど、支払う利息は増えますので、余裕ができたらこまめに返済していきましょう。


銀行カードローンのメリット

低金利なので大口借入や長期借入に最適
銀行ならではの安心感がある

銀行カードローンのデメリット

審査が厳しい
審査に時間がかかる(即日融資できない)
無利息期間がない
銀行の口座開設が必要な場合が多い

他社借入件数が多いと審査に通りにくい

銀行カードローンが最適な方

大口借入や長期借入のため低金利でお金を借りたい
初めてお金を借りるから安心して借入したい
急いでお金を借りる必要がない。借り入れに時間がかかっても良い
審査に絶対的な自信がある
銀行の融資額が増えすぎたこともあり、ここ数年でさらに銀行審査が厳しくなりました。また、銀行での即日借入は自粛されているため、審査自体にも時間がかかることもあって、即日融資には向いていません。 その一方で、やはり高額な借入や長期借入となる場合には少しの金利の差が大きな利息の差に跳ね返ってきますので、今すぐにお金を借りる必要がなく借入までの時間に余裕がある方は、まずは銀行カードローンに挑戦してみることをオススメします!

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい



お金を借りる前に

はじめて30万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

カードローン以外でお金を借りる方法とは

どうしても30万必要だけど審査に通るわからない!できれば利息は払いたくない!そんなときに、カードローンで30万借りる以外にも他にお金を借りる方法があるのでは?と気になりますよね。 こちらでは、カードローン以外でお金借りる方法をご紹介します。


親兄妹など親族から30万円借りる方法

まずは、手っ取り早く身近なところでいうと、やはり親姉弟や親戚などの身内からお金を借りる方法があります。 お金を借りるうえでの審査もないですし、基本的に利息なども必要ありません。 ただ、15万借りたいくらいであればお金を貸してくれるかもしれませんが、それが30万円ともなるとまとまった金額となってきて、すぐにはお金を貸してはくれないかもしれません。 たとえ身内であっても、大きめなお金を借りる際には、しっかりと説得できる説明ができるよう、考えてからお願いしたほうが良さそうです。 なお、30万借りるのが学生だった場合には、やはり身内以外からお金を借りるともなると年齢的に条件も合わず、お金を借りれないことのほうが多いため、その分、身内からはお金を借りれる可能性は増えてくるかもしれません。

友達や会社の人から30万円借りる方法

友だちや会社の同僚・先輩・後輩・上司などからお金を借りるには注意が必要です。というのも、身内以外の身近なところから借金をするというのは、トラブルになりやすいからです。 ここで逆のパターンを考えてみましょう。あなたが友人知人からいきなり「30万貸して下さい」と言われたら、すんなりと貸すでしょうか。 また、事情も聞かずに貸しくれることはほとんどんなく、30万借りる理由も求めてくるでしょう。そのときに、借金の理由として納得させられるだけの理由を応えられれば良いのですが、中途半端な言い訳となると納得してもらえず、あまつさえ、人間関係が崩れてしまいかねません。 さらに、借金を申し入れて断られた場合に、非常に気まずい空気となるのも耐えかねますので、お金を借りる方法としては避けたほうが良さそうです。

クレジットカードキャッシングで30万借りる方法

社会人ともなると誰もが1枚は持っているクレジットカードで、実はお金を借りれることをご存じでしょうか。 クレジットカードには、基本機能のショッピング機能と付帯機能のキャッシング機能があり、キャッシング審査に通れば、お金を借りることができます。 キャッシング機能の借入金額は、ショッピング枠とキャッシング枠を合算した利用限度額の範囲内となりますので、カードローンと比べると利用可能額は少額となりますのでご注意ください。
>>クレジットカードキャッシン詳細はコチラ

個人間融資掲示板で30万円借りる方法

20万借りたいけど無職である。30万借りるにあたって審査なしで借入したい。ブラックだけど今すぐに40万必要だ。など、さまざまな事情によってお金が必要な場合に、審査に通る自信がない方などは、個人間融資掲示板でお金を借りる方が増えています。 個人間融資掲示板といっても必ずしもWebサイトの掲示板形式というわけではなく、最近ではツイッター、インスタグラム、Facebookなど、さまざまな形態で流行っています。 この個人間融資掲示板は、お金を借りたい個人の方とお金を貸したい個人の方が、条件をすり合わせながらお金借りるのですが、なかには闇金融業者(ヤミ金、闇金)が紛れているなどの可能性もあるため、口コミなどをしっかりと見て慎重に見極めて利用されると良さそうですが、法律で守られているものではないので、できればカードローンなどの金融庁の管理のもとしっかりと運営されている企業からお金を借りるほうが安全・安心です。

自動車担保金融で30万円借りる方法

自動車担保金融(車金融)とは、利用者が所有している自動車(車)を担保にしてお金を借りる方法で、普通乗用車、軽自動車、外車、重機など、さまざまな車両に対応しています。 担保と言っても、お金を借りている間に車自体を担保として引き渡すわけではないので、お金を借りながら自動車自体には乗り続けられる点は助かります。 所有している車を査定し融資額が決まりますが、万が一返済できない場合には、担保の自動車は差し押さえられて没収されてしまうので、その点をしっかり認識したうえで利用しましょう。 また、こういったサービスの中には悪徳業者が含まれている場合があるので、口コミなどをチェックして安全な業者を選びましょう。

注意が必要なお金の借り方とは

闇金融業者からのお金の借入

今すぐお金を借りたいけど無職だからお金を借りれない…借金 延滞中で普通の銀行や消費者金融だとお金借りれない…そんな方が飛びついてしまいがちなのが、闇金融業者(ヤミ金、闇金)です。 確かに、長期 延滞中の方が新たに借り入れするのは難しいですし、誰か100万貸し て!と言っても、なかなか受け入れてはもらえません。 闇金融業者のなかには、最初にお金を貸すときには手厚くあたかも一般的な金融業者のように装って対応してきますが、いざ、返済の段階になると法定金利以上の利息を求められたリ、返済ができないとなると度を超えた無理な取り立てを行ったりとトラブルが絶えません。 2万円借りるくらいなら問題ないかと思っても、 職場や自宅に電話がかかってきたり、直接、取り立てに訪れたり…と、問題は大きくなる一方です。 まともな金融業者で絶対 お金が借りれる所や、今すぐ借りたいときに簡単に借りれる激甘審査ファイナンスというものは存在しません。裏を返せば、どんな状況でもお金が借りれてしまういうのはそれだけ危険性が増えるということです。 今すぐ借りれるヤミ金に飛びつかず、借入先はしっかりと見極めましょう。

借金以外でお金を作る方法とは

お金を作る方法は、何も借りるばかりではありません。できれば借金はしなくない!それよりも自分自身でなんとかしたい!という方に向けて、お金を作る方法、お金を稼ぐ方法(今すぐ30万稼ぐ方法)をご紹介します。


オークションで30万稼ぐ方法

映画のパンフレットやアイドルの写真など、コレクターズアイテムに高値が付くのがメルカリやヤフオクなどのオークションです。 注意しなければならないのが、写真を撮ったり商品説明を書いて出品、落札者への連絡、発送、オークション対応をすべて自分自身でやらなければならない点です。 また、思わぬ高値で売れるものもありますが、ブランド品などでもない限り、なかなか高額を手にすることは難しく手間もかかるので、優先順位としてはあまり高くはありません。

質屋で稼ぐ方法

自宅にブランド物のバックや財布などはありませんか?ゴルフのクラブや切手、テレホンカードなど眠っていませんか?そんなちょっとしたものでもお金に換えられるのが質屋です。 質屋の場合は、オークションのように自分自身で商品を出品したい発送したりする手間がかかりません。 ただ、そのぶん、物によっては二束三文での取引となり、手にするお金は30万円には程遠い金額となりそうです。

アルバイトで稼ぐ方法

借金以外でお金借りる方法として、一番確実なのがアルバイトで稼ぐ方法です。 時間をかけたけど売れなかった…思った以上に安く買われた…といった予想がつかない収入と比べて、働いたら働いた分だけ手元に入ってくるので、確実性もあります。 正社員、契約社員、派遣社員などですでにフルタイムに近い形で働いている方がバイトをしても、30万円という金額はすぐに稼げるものではありませんが、確実に積み上げていけるので、安心して計算できます。 30万円貯まるまで、大手消費者金融の30日間無利息期間キャンペーンを使って一時的にお金を借りて、アルバイトのお金が入ったらすぐにカードローンで借りたお金を返済すれば、借りている期間だけの利息で済むので支払い利息も節約できます。

今すぐに30万借りたい!【番外編】

学生が今すぐに30万借りる方法

学生がお金を借りたいときに頼りになるのが、18歳以上の大学生・短大生(短期大学生)・専門学校生・予備校生を対象とした学生ローンです。 学生ローンは、満20歳じゃないと借りれないカードローンとは違って学生を対象としたローンなので、18歳、19歳、二十歳未満の未成年でもお金を借りられます。 実際に、このローンを使って30万借りる学生もいますので、未成年の学生さんでお金を借りたい方はチェックしてください。 ただ、たびたび問題となっているように、長期間返済をしないことで利息の負担がどんどん増えてしまう点はデメリットとなりますので、積極的に返済を心がけましょう。