新生銀行カードローン レイクから30万円借りたい

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み



30万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★★☆


すぐ借りるQ&A

銀行の審査は厳しい? その理由とは
よく銀行からお金を借りるのは厳しいと言われることがあります。 借り入れの用途や銀行それぞれの方針にもよりますが、よくこのような噂は耳にするものです。 そこで本当に審査は厳しいのかというと、その傾向は間違いなく存在します。 この理由としては、銀行と保証会社の審査に通る必要があるためでしょう。 保証会社とは、借金をした人が滞納したり返済不能に落ちいった時、元本と利息を一括で支払ってくれるところです。 その代わり、保証会社はその後にあなたに対して請求権を持ちます。 もちろん中にはこういった保証会社を使わないところもありますが、特に借入額の大きな住宅ローンやカーローンなどの場合は保証会社も許可がないといけません。 このため2回の審査を受ける必要があり、どちらにも通る必要があるのです。 また、特に借入額の大きな住宅ローンに関しては、そこからさらに団体生命信用保険に入れない人は落ちることは間違いありません。 これは住宅ローンを借りた人が死亡したり重度の障害が残った際、保険会社が借りた人に代わって住宅ローンの残りと金利を支払うというものです。 このため、住宅ローンはさらに団体生命信用保険が受けられなければ、借り入れを行う事ができません。 このように、ひとくちにお金を借りるといっても様々な会社で調べられ、すべての会社が許可を出さない限り、お金を借りることができないのです。 一方、消費者金融などは自分の会社のみで終わってしまうため、比較的ゆるめになっているということもあるでしょう。