カードローンでお金を借りる

目的が限定されていないカードローン

以前は、カードローンといえば銀行などが扱っているもののことを指していました。
ところが、最近は、消費者金融や信販会社なども、ローンという言葉を利用し始めたため、キャッシングとの線引きがあいまいになってきています。
ですが、カードローンといえば、フリーローンのことだと思って間違いありません。
住宅ローンやマイカーローンのように、使用目的が住宅や自動車に限定されていない、どんな使用目的にも使えるのが特徴です。
目的が限定されていないため、飲み会などのちょっとした目的でも利用することができます。
急にお金が必要になった時のために、1枚くらい持っておいても邪魔にはなりません。
入会費や年会費が無料のものが多いので、緊急用に持っている方も多くいます。
目的ローンなどは、審査が厳しく誰でも利用できるとは限りません。
ですが、カードローンの場合、比較的手軽に利用できるというのがメリットでもありデメリットでもあります。
定職があり、一定の収入がある方なら、ほぼ誰でも利用することが可能です。
審査も比較的ゆるく、現在では専業主婦でもOKなものもあります。
限度額が低めに設定されることが多いのですが、真面目にクレジットヒストリーを築いていれば、だんだん限度額が上がっていくのが普通です。
返済方法は、多くの場合残高スライド定額リボルビング方式が採用されています。
月々支払う返済額が決まっているので、返済しやすいのがメリットです。
ただ、元金がなかなか減らないという特徴もありますから、計画的に利用しましょう。

関連ページ

アコムからお金を借りるメリット
アコムからお金を借りるメリット
借入極度額・契約限度額とは
借入極度額・契約限度額とは
債務不履行とは
債務不履行とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
福祉資金とは
福祉資金とは