借入極度額・契約限度額とは

借入極度額と契約限度額の違いを頭に入れましょう

借入極度額とは、契約書類に記載されている項目の一つです。
カードローンやキャッシングなどの契約を交わして、実際に融資が実行されると、振り込まれた金額がATMの操作などで利用可能額として表示され確認することができます。
契約限度額というのは、結ばれた契約の中で最大限に利用することができる契約額のことで、一般的には借入限度額と同じ金額か、それ以上の金額が記載されています。
契約書を確認した時に、自分が利用している金額よりも契約限度額が高く設定され、増額を希望する場合は、契約書などを新たに結ぶ必要なく増額することができます。
そうは言っても、借入は利用者の都合のみを判断しているわけではなく、実際には融資を行う側が利用者に貸すために信用情報などの審査を行い金額を決定しています。
利用者によって、信用情報が関わってきますので、必ずしも誰でも増額できるということではありません。
もし気になるようであれば、契約書を確認するか電話で問い合わせてみましょう。
一般的に債権者は、利用者からの利息で売上を上げている形になります。
なので、利用者に金額を大きく貸し付けることができるように契約限度額を高めに設定する必要があるのです。
もしも仮に借り入れ極度額と等しい場合には、増額の手続きを行う場合には契約書を交わし直して、大きい金額の契約を結ぶ必要があります。
このような状況になると、利用者の中には面倒だと思い店頭まで足を運びたがらないという人がいるからです。

関連ページ

アコムからお金を借りるメリット
アコムからお金を借りるメリット
カードローンでお金を借りる
カードローンでお金を借りる
債務不履行とは
債務不履行とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
福祉資金とは
福祉資金とは