債務不履行とは

知っておきたい債務不履行について

債務不履行とは、簡単に言うと「約束した通りに果たさないこと」です。
債務は「ある人が相手に対して何かをしなければいけない義務」の事で、不履行は「実際に行わない事」なので、買い物を例に挙げた場合、お客が代金を払わなかったり、お店が商品を渡さなかったりする事になります。
民法上、この債務不履行には三つの種類があり、履行遅滞、履行不能、不完全履行があります。
「履行遅滞」は言葉の通り、約束を果たすのが遅れることになります。
例えば通販で何かを注文した時、期日までに代金を支払わなければならなかったのに、故意または過失によって期限内に代金を支払わなかった場合がこれに当てはまります。
「履行不能」とは、不動産で例えると、火の不始末によって引き渡すはずだった住宅が全焼したなど、債務者の故意または過失によって、期限を延ばしたとしても果たす事が不可能になった場合に当てはまります。
そして「不完全履行」とは履行の内容が不完全な事で、例えば通販なら届いた商品が少なかったり、別のものだったり、壊れていたというような、契約を中途半端にしか履行できていない場合が当てはまります。
このように債務者の故意、過失によって債権者が損害を被った場合、民法では次のような手段をとることができます。
強制的に履行を求めたり、代わりに金銭を要求できる「強制履行」、契約を無かったことにし、支払った代金等を返還させる「契約の解除」、債務の不履行によって生じた損害の補填を求める「損害賠償請求」の三つです。
債務不履行によって被害を受けた時や、逆の立場になった時のためにも、どのような法律があるのか理解しておくとよいでしょう。

関連ページ

アコムからお金を借りるメリット
アコムからお金を借りるメリット
カードローンでお金を借りる
カードローンでお金を借りる
借入極度額・契約限度額とは
借入極度額・契約限度額とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
福祉資金とは
福祉資金とは