定率リボルビングシステムとは

定率リボルビングシステムの長所と欠点

よくクレジットカードの支払い方法でリボ払いという言葉を耳にする方も多いと思います。 このリボ払いとはリボルビングといい、クレジットカードで買い物をした際、一括で支払うのではなく、翌月以降の指定日に決められた額、あるいは利用額の残高の一定の割合の額を支払い、それを何ヶ月か繰り返すことで完済するものです。
決められた額を毎月支払う方法は定額リボルビングシステム、残高の一定の割合を毎月返済するものは定率リボルビングシステムと呼ばれています。 また、それぞれ毎月の返済額に、毎月の利息を足す元利型と、利息分を足したものがその一定額となる元金型があります。 そのそれぞれには、長所欠点があるのです。
例えば元利型定率リボルビングシステムでは、100万円借りて、定率が5%だとすると、最初の月は5万円プラス1ヶ月の利子、翌月は残高95万円の5%の47500円プラス利子というように毎月返済額が減少して行きます。 借りはじめは元本が大きいだけに、返済額が多いということは、発生する利子も少なくなり、結果元本は早く減ると考えるのが一般的ででしょう。
ただし、定率は元本が減ると毎月の返済額が減るので、なかなか元本が減らなくなってしまいます。 残高が1万円だと500円が支払額となるからです。 これでは、いつまでたっても完済しません。
一方、定額では、例えば100万円借りて、定額が1万円だとすると、翌月残高は99万円プラス利息分ですから、借りはじめはなかなか元本が減らず、支払額に占める利息の比率が多くなってしまいます。
そこで、多くの金融機関が採用しているのが、残高スライド式と呼ばれる段階的に決められた借入残高に応じた一定額を支払う、いわば定率と定額の双方の特徴を捉えた中間的な返済方法です。
例えば借入残高が10万円以上20万円未満なら毎月1万円、20万円以上30万円未満なら毎月2万円というように、段階的に返済額がかわります。 現在ではこの方法が、カードローンでは、最もポピュラーになっているのです。

関連ページ

アコムからお金を借りるメリット
アコムからお金を借りるメリット
カードローンでお金を借りる
カードローンでお金を借りる
借入極度額・契約限度額とは
借入極度額・契約限度額とは
債務不履行とは
債務不履行とは
福祉資金とは
福祉資金とは