連帯保証人とは

保証人と連帯保証人は何が違うのか

保証人と連帯保証人の役割は、ともに「債務者本人が代金の支払いや借入金の返済ができなくなったとき、債務者に代わってそれらを支払う役割を負う」ことです。
しかし、一般的に債権者は融資などをするとき後者の方を求めてくることがほとんどです。
前者と後者のはっきりとした違いは、責任の及ぶ範囲です。
前者の場合は、債権者から返済や支払いを要求されたときは債務者本人に請求しろと訴えることができますが、後者の場合はそれを主張する権利すらなくなります。
また、債権者はたとえ債務者本人に債務が支払えるとしても、後者に直接返済や支払いを要求することも可能となっており、複数連帯保証人がいれば、もっとも支払い能力があり、返済ができそうな人から集中的に取立てをすることもできるようになっているのです。
連帯保証人になると、借りたお金を自由に使うことができるなどの利点はなく、債務者本人と同じ返済と支払いの義務を負うことになってしまいます。
つまり債務者が払えなくなると、必ず保証人が支払わなくてはなりません。
こういったことから、親戚や知人などに保証人になってくれと泣きつかれても、安易に承諾しないほうが良いといわれています。
保証人になるということは、親戚や知人などが債権者と契約することではなく、保証人本人が債権者と契約するということに他なりません。
そのため、もし債務者が自己破産したときにその人に代わって返済や支払いをする能力がない場合は、決して無理をせずに断るという勇気も必要になります。

関連ページ

キャッシング比較しよう!
キャッシング比較しよう!
バンクイックで30万円借りたい方へ
バンクイックで30万円借りたい方へ
プロミスの店舗/ATM
プロミスの店舗/ATM
楽天銀行の店舗・ATM
楽天銀行の店舗・ATM