法人カードとは

法人カードの種類には2種類があります

法人カードは、ビジネスカードやコーポレートカードという2種類のカードが存在します。 ビジネスカードは社員の数が少ない企業が使うことの多いもので、カードの発行枚数に制限があるのが一般的です。
このため、このカードは中小企業や個人事業主向けであるといえます。 ビジネスカードは年会費がかかるのも特徴の一つですが、ゴールドカードも設けられているため、会社でかかる経費に応じて一般カードと使い分けるとよいでしょう。
法人カードは企業用のカードであることから一見年会費がかかりそうに見えますが、実際はそれほどかかりません。
ビジネスカードの場合、一般的なカード会社では年会費が1枚につき1500円前後となっています。 ゴールドカードの年会費も1万円程度となっており、個人用のカードとほとんど変わらない使い勝手です。 一方コーポレートカードは、部署ごとにカードを発行することができるため、とても多くのカードを発行することができるのが最大の特徴となっています。

限度額も大きいため、このカードは従業員20人以上の規模の会社が持つのが一般的です。 このカードでは部署ごとに限度額を設定することも可能です。 コーポレートカードを持ちますと、会社の経理の管理の効率化ができます。
法人カードには一般向けにはない様々な特典を受けられるメリットもあります。 年間の利用額によって数万円分の旅行券がもらえる特典を設けているカード会社も多く存在します。
こういった特典の内容は時に支払う年会費を上回ることもあります。