変動金利とは

変動金利と固定金利を比較して考える

住宅ローンを組む場合、やはり気になるのが変動金利にするか固定金利にするかです。 多くの人は変動金利を取っていますが、ではその変動制というのはどういう物なのかです。 短期プライムレートに連動して、金利が変動することをいいます。
見直しする時期としては、毎年の4月1日と10月1日の2回です。 金利が変わると、7月と翌年の1月の返済分から適用になります。
ただ、5年ごとに返済額の見直しが行われ、金利が大きく上がったとしても25%以上の返済が上がることはないように、仕組みがなされています。 元金を少なくして返済するように、返済額を同じになるようにしていますので、または25%を超えないように調整をしているので、返済の先送りとも言えます。
一報、固定金利ですと、ちょっと前まではこちらの方が人気でした。 先行きの見えない日本経済に不安を抱えた人たちは、住宅ローンを固定金利にすることで、返済最終日までの借入額を固定することによって、返済計画を立てやすいとしているからです。
こちらは金利が上昇した場合は、有利になります。 ただし、変動金利に比べると金利が高いというデメリットもあるのです。 また、固定金利にすると、当初の2年間や5年間、10年間といった選択型もあり、期間が過ぎれば再度どちらかを選択することができます。
全期間固定型というのは固定型と変動型の利点を合わせたものですが、固定期間が終了となれば金利が適用され思わぬ高金利になる可能性もあります。 前期固定型にしたつもりで変動制のものにし、その差額で出た金額を今後の繰上返済や生活予備費にすることもでき、ローンを減らす方法とも言えます。

関連ページ

キャッシング審査甘いの意味
キャッシング審査甘いの意味
クレジットカードキャッシング枠の審査方法
クレジットカードキャッシング枠の審査方法
自己破産とは
自己破産とは