自己破産とは

できれば避けたい?自己破産

自己破産とは、借金の返済に苦しみ返済不能な状態に陥った人が、裁判所による手続きを経て、全ての債権者に対する債務の支払いが免除される債務整理の手段をいいます。
借金を抱えながら、自己の責めなくリストラされ仕事が見つからないとか、高金利の多重債務を負い懸命に働いても返済が困難といったやむを得ない事情があることが基本で、ギャンブルにお金をつぎ込んだり、嗜好品や高級品を買いあさるなど浪費と認定されると、認められないケースがあるので注意が必要です。
借りたお金は所定の利息をつけて返すのが、原則です。 本来返すべきお金を返す必要がなくなり、全債務から解放されるのですから、お金を貸した債権者としては損害を被ることになります。
そのため、債務全額の免除に代えて、現在保有している財産を売却して資金化し、そのお金を債権者の債務額に応じて案分しなければなりません。 この売却手続きも、裁判所によって強制的に行われ、財産を差し押さえられて競売にかけられることになります。
基本的に20万円未満の生活用の動産、たとえば、冷蔵庫や洗濯機などを除き、あらゆる財産が競売の対象となります。 宝飾品や貴金属、ブランド品といった高価品にとどまらず、家族の生活の拠点であるマイホームや、移動に不可欠なマイカーなども競売され、自分のものではなくなってしまうのです。
この代償を考えれば、自己破産は避けたいものといえるかもしれません。 もっとも自宅を守るために、生活が成り立たなくなっては意味がありません。 新たなスタートを仕切り直すため、時には思慮深く勇気ある決断が必要なこともあるでしょう。

関連ページ

キャッシング審査甘いの意味
キャッシング審査甘いの意味
クレジットカードキャッシング枠の審査方法
クレジットカードキャッシング枠の審査方法
変動金利とは
変動金利とは